1枚1900万円!?超高値で人気カードが落札される。

 

どうも、ユトゥク(@yuteuk1989)です。

ちょっと衝撃的な記事を見つけたので紹介したいと思います。

 

ユトゥク

この内容は「オークション」についてです。

 

1枚1900万円で「マジック:ザ・ギャザリング」の人気カードが落札される

 

「マジック:ザ・ギャザリング」とは、人気のカードゲームである。

私も昔、すこーしだけ集めた(遊んだ)ことはある気がする。
が、遊戯王とかに比べ、ルールが難しく?私の周りでは全然流行ってはいなかった。

 

そんな「マジック:ザ・ギャザリング」のある1枚のカードが1800万円という超高値で落札されたらしい。w

 

Black Lotus(ブラックロータス)」というカードみたいだ。

 

↑Amazonで取り扱いが!約850万。w
残念ながら、在庫は無いので買えないが。

 

よく知らないが、このカードは最強とも言われる1枚であるようで、ニコニコ大百科によると「2015年末時点での鑑定価値は300万を超えており、それでもなお、在庫切れである」としている。

 

そんな「ブラックロータス」がネットオークションのeBayに出品され、16万6100ドル(約1900万円)で落札されたとか。
>>1993 Magic The Gathering MTG Alpha Black Lotus R A BGS 9.5 GEM MINT (PWCC)

 

このカード、保存状態もかなり良いものだったのだが、以前(2018年7月)にも同等のオークションが行われており、その時の落札価格は8万7000ドル(約980万円)だったそう。

 

今回(2019年2月)は前回の2倍くらいの値段で落札したことになる。

 

なぜ、超高値で落札されたのか?

 

オークションというのは使い方を間違えると、非常に怖いものだと思います。

 

欲しいもの(出品物)に対して、欲しい値段(落札価格)を決めてからオークションに臨むべきです。
↑この段階では、入札者の目的は「欲しいものを欲しい値段で落札すること」

 

でも、いつの間にか目的がすり替わってしまう場合があります。
⇒「他の入札者には商品を渡したくない(負けたくない)」

このような心理状態に陥ってしまうと、当初の目的がどうでもよくなり、思ってもいなかった超高値で落札してしまった。ということになりかねません。

 

今回の事例においては、額が大きすぎますが、、、
このような経験は、みなさんも身に覚えがあるのでは??

 

株式投資においても、、、

 

オークションのことを書きましたが、株式投資においても、似たようなことが考えられますね。

 

欲しいもの(株式)に対して、欲しい値段(指値・逆指値)を決めてから市場に臨むべきだと思います。

 

私も超未熟メンタルなので、最初に決めた自身のルールを守れないパターンが何度かあります。
そして、そういう時(根拠のないトレード)は、だいたい負けます。(焦って売るとかね…)

 

株式投資の1年生であり、諸先輩方の知識量にはまだまだ到底及びませんが、1年生なりに根拠を持って市場には挑みたいですね。
そうすれば仮に間違っていても、経験値が貰えますしね!

 

おわりに

 

オークション。

 

ヤフオクなんかで、オークションとは一般人にも身近な存在ではありますが、、、

自身が決めたルールを守り、思わぬ高値つかみをしないようにしましょう。

 

ヒートアップは厳禁な!

 

\ポチっと押して、帰ってきてくれると喜びます/
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へにほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
にほんブログ村

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です