投資にも必要?なぜなぜ分析の重要性

 

どうも、雑談の多いユトゥク(@yuteuk1989)です。

 

この記事はなぜなぜ分析の重要性を提唱します。

 

投資にも必要だと思いますし、仕事・私生活・ギャンブルも・・・。

どんな現象に対しても、使える手法だと思います。

 

知っている人・無意識に行っている人がほとんどだと思いますが、

意識して分析すると、また違ったモノが見えてきます。

 

 

なぜなぜ分析とは?

 

その名の通り、起こった事象に対して「なぜ?なぜ?なぜなんだ???」をひたすら繰り返す分析です。

 

なぜなぜ分析(なぜなぜぶんせき)とは、ある問題とその問題に対する対策に関して、その問題を引き起こした要因(『なぜ』)を提示し、さらにその要因を引き起こした要因(『なぜ』)を提示することを繰り返すことにより、その問題への対策の効果を検証する手段である。トヨタ生産方式を構成する代表的な手段の一つである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

詳しく知りたい方は、検索すると多くの情報が出てきますのでここでは割愛します。

 

 

なぜなぜ分析の使い方

 

起こった事象(問題)に対して、「なぜ?」を繰り返します。

 

例えば、

 

●事象(問題)

→Aさんが通路で転んだ

●なぜ?

→床の上で、靴が滑った

●なぜ?

→床が水で濡れていた

●なぜ?

→雨漏れが発生していた

●なぜ?

→天井の老朽化により、亀裂が入っていた

●なぜ?

→定期点検を怠っていた

●なぜ?

→・・・。

 

 

こんな感じで繰り返すことで、今後Aさんが転ばない為に出来る対策が見えてきます。

 

この例だと、定期点検をきちんと行い、天井の雨漏れを修復する事が解決への一歩だと思われます。

 

もちろん、それで全て解決した!とするのは危険です。解決策の一つということです。

 

 

と、いう風に、概ねどんな事にも使える手法だと思います。

 

●事象(問題)

→朝一から、嫁さんと大喧嘩した

●なぜ?

 

とか

 

●事象(問題)

→見たかったテレビ番組の録画が出来てなかった

●なぜ?

 

とかにも、もちろん使えます。

 

(しかし、あんまり理系脳で女性と話をするのはオススメしません。w)

 

 

おわりに

 

なんでこんな記事を書いたかって、インターネットやSNSの普及によって、あらゆる情報が身近なモノになりました。

 

が、自分に不利益な情報も、ネット上には沢山あります。

 

個人が情報を発信できる時代です。

こんな私でも情報を発信できる時代なのです。

じゃあ図書館に置いてある書籍は信用できるか?と言うと、そうでもないですが。

 

ネットの情報は取捨選択が必須だと思います。

 

特に投資手法ついての情報は、鵜呑みにせず、なぜなぜ分析をしてみては如何でしょうか?

それで納得したら、あなたの大切なお金を使ったらいいと思います。

 

誰もあなたの大切なお金に責任とってくれませんよー

(当たり前を当たり前に言いました)

 

 

 

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です